人気ブログランキング | 話題のタグを見る

中古住宅を選んだ理由





バイヤーズエージェントに相談し、借入可能金額が決まった我が家。

では、『中古住宅+リノベーション』にすることをどうして決めたのか?
プロではない私たちの考えを、お伝えしたいと思います。



①新築では買えないものが中古では買えます。

我が家では、遅くまで仕事をしている主人のことを一番に考えた結果
東京23区内、できれば山手線の周辺に購入することが第一条件でした。
そして、住宅購入(リノベーション費用含め)に
5000万円前後という予算を決めたとこから始めましたので、
予算的に『中古住宅+リノベーション』しか考えられないというのが本当の話です。
(この時点では、戸建てかマンションかまだ迷っていました。)






何か比べられるものはないかと思い、
久しぶりにインターネットで住宅情報サイトをのぞいてみると、
我が家の最寄駅の新築物件が売り出していましたので比べてみたいと思います。

中古住宅を選んだ理由_e0343145_20275529.jpg

我が家がリノベーションすると、ほぼ同じ物件価格になるのですが
駅からの距離、土地の広さは、断然!中古物件です。

駅から徒歩5分圏内ですと、
我が家の土地面積の半分で新築戸建住宅が6500万円します。

それは、絶対に買えません。
でも、中古だと買えるのです。というか、探せば買えたのです。






②新築は一度住んだら中古になるものと考える。

友だちが新築マンションを購入し、
半年後に自分の住んでいるマンションの中古物件チラシを見て、
ショックを受けた話をしてくれました。

新築は一度住んだら中古物件です。
私は『綺麗で最新式の物でないとイヤー』という可愛いお年頃でもありません。
お金の方が大切なお年頃です。(笑)






③多分、買い替えます。

ここのところ、60代~70代の諸先輩方が、みなさん住み替えています。
これまで住んでいた家を子供に譲る、賃貸にする。
我が家の前の持ち主さんのように売却してケアハウスへ行く。

私たちも大いに考えられます。
資産と考えると中古住宅の方が有利です。






④中古住宅は、土地だけの価格で建物や価値のあるものが付いてきます。

木造住宅は、20年ほどで価値がなくなってしまう物件が多いため、
我が家はほぼ土地代だけでおうちを購入できました。

しかし、我が家が出会ったこのおうちは、
実際には、とても丁寧に、そして大切にされていた日本家屋でした。

おまけに、真鶴や根府川で採石された石で造られた石畳。

中古住宅を選んだ理由_e0343145_212130100.jpg





庭には、『さざんか』や『いろは紅葉』などの植物。

中古住宅を選んだ理由_e0343145_21254375.jpg


そして、地下室まで付いてきました。

新築でしたら、まず不可能です。
中古住宅なら、こんな素敵なおまけが付いてくることもあります。






⑤中古住宅なら、完成時のイメージがしやすい。

新築を建てた方に
『後半、決めなくてはならないことが多く、疲れて適当になったことを後悔している』
という話をうかがいました。
この言葉、リノベーションをはじめて分かったように思います。

大枠ができている分、リノベーションのイメージがしやすく、新
築よりは決める事も少ないです。
その分、イメージしながら丁寧に選び、満足できる仕上がりになったと思います。






私たちの話合った『中古住宅を選んだ理由』少しでも参考になったでしょうか?

私たちは、こういう考え方でしたが、
知り合いには『中古住宅+リノベーション』をしたが『やはり新築がいい』と
売却して建てなおした人もいます。
お金持ちですけどね・・・(^^;

これもライフプランによりけり、
やはり一番は家族、夫婦でたくさん話し合うことです。






次回は、『戸建てかマンションかの選択』のお話しをしたいと思います。




nonly


今日もお越しくださりありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回クリックしてくださると嬉しいです♪


人気ブログランキング



よろしければ、こちらもお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

            


by minotake0530 | 2015-09-23 21:27 | 中古住宅 選び方・チェックポイント | Trackback | Comments(0)

東京で築60年の中古住宅を購入しました。身の丈の暮らしと中古住宅との付き合い方をお話しできればと思います。


by nonly
プロフィールを見る
更新通知を受け取る