人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お風呂の話 その② ~解放感より安心感~





窓のないシステムバスを選んだ私たち。

こだわりがなさそうに見えますが、
実は自分たちなりにこだわりのあるシステムバスなのです。



お風呂の話 その② ~解放感より安心感~_e0343145_00114883.jpg

照明は、ダウンライトをセレクトし、スッキリとさせました。
メンテナンスのしやすさも決め手です。






お風呂の窓の必要性は個人の価値観や、お家の立地にもよりますが、
私たちは、窓のないシステムバスをメリットだと思っています。




その理由

①防犯的な心配がない。

2階であれば、窓も検討したかもしれませんが、我が家のお風呂は1階にあります。
すぐに道路があるような家ではないにしても、進入口は少しでも少ない方がいい。

それに、実家の大きな窓のあるお風呂より、
社宅の窓のないシステムバスのほうが、安心して入れます。









②冷気が入ってこない。


窓を付けることで、当然、耐震性、気密性の低いお風呂になります。
そうすると、やはり冷たい空気が入ってくる場所となってしまいます。
お風呂であっても、寒いのが苦手な私には少しでも暖かな場所であってほしいのです。







③コスト削減できます。

当然、窓を付ければコストがかかります。
コスト削減できる箇所なのです。



④掃除が楽です。

複雑な窓は、パッキンや溝にカビや汚れがたまりやすく、

しっかりと掃除をしなければならない場所となります。
なければ、掃除しなくてもいいのです。









⑤窓がなくてもカビは生えません。

よく『換気のために窓は必要』という話を聞きますが、
社宅のお風呂はユニットバスですが、

最後に入った人がドアをしっかり閉めて換気扇を回せば、

我が家はほとんどカビが発生することがありません。








ご家庭での、お風呂のあり方で考え方は違うと思いますが、
こんなお風呂に対する考え方があること、参考にしていただければと思います。



快適さも大切ですが、

我が家は、安心、安全を優先させた生活を大切にしたいと考えています。





nonly



今日もお越しくださりありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回クリックしてくださると嬉しいです♪


人気ブログランキング



よろしければ、こちらもお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

            


by minotake0530 | 2015-11-15 23:06 | 中古住宅 お風呂・トイレ・洗面所 | Trackback | Comments(0)

東京で築60年の中古住宅を購入しました。身の丈の暮らしと中古住宅との付き合い方をお話しできればと思います。


by nonly
プロフィールを見る
更新通知を受け取る