無理をせず、自分に必要かどうか見極められる暮らしを心がけながら、東京で築60年のおうちを整えています。


by non

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

歴史を贈ります ~おせんだんご~


つやつや光る、平たいお団子。

『おせんだんご』


e0343145_16191841.jpg

東京都豊島区にある、鬼子母神境内の大黒堂さんで、
毎週日曜日と縁日(8日、18日、28日)のみ販売されています。




『おせんだんご』の名前は、鬼子母神に千人の子供がいたことに由来、安産や子孫繁栄を祈願することに意味を込めているとか。


江戸時代には参詣の人々が、休憩に、お土産に、と親しまれていましたが、時の流れとともに姿を消してしまったそうです。


そんな『おせんだんご』の復活を望む声から、
創業1819年という老舗、日暮里の名店『羽二重団子』
店主が復活させたものなのです。




e0343145_16180360.jpg

夏目漱石、田山花袋、正岡子規、司馬遼太郎などの、
多くの作家の作品に登場している羽二重団子




e0343145_16174023.jpg
味・重量・価格は同じの『羽二重団子』と『おせんだんご』

少し違うのは、『羽二重団子』は4粒。『おせんだんご』は5粒。
おそらく、安産子育てと子孫繁栄の願いがが込められているのではないでしょうか。




e0343145_15214504.jpg

けして濃い味ではありません。

上品な昔ながらの生醤油の焼き団子と、






e0343145_16165077.jpg

サラッとした口当たりで、とけるような渋抜きこしあん団子の2種類。

鬼子母神境内の大黒堂でもいただくことができます。

2本1セット、煎茶付き 540円(税込)



171-0032
東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20(雑司が谷鬼子母神境内 大黒堂
)
TEL
03-3982-8347
11:00
~無くなり次第終了です。(お早めに)


e0343145_18280714.jpg
10本折は、2,786

お団子と思うと少し高級ですが、羽二重団子ですから納得です。
なかなか手に入らないですしね。

(予約すれば、6本折1,684円や2本1セットの簡易包装なども可能です。)





また、この『鬼子母神』と『大鳥神社』では、
月に一度、手創り市を開催しています。

今年は、小さなシルバーウィークの最終日、
9月19日(月・祝日) 9時~16時。

『おせんだんご』と『手創り市』
両方楽しめるラッキーな日。

帰りにおせんだんごを買って、
そのまま大好きな人に会いに行くのもいいかもしれませんね。

non

今日も、読んでくださりありがとうございました。
ポチッと押していただけると、ブログ村のランキングに参ります。
結構、励みになるんです。(^^)


by minotake0530 | 2016-09-12 00:31 | 品々 | Comments(0)

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

外部リンク

画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

フォロー中のブログ

流木民
池袋うまうま日記。
toriko
新緑きらきら
Inagaki Desi...
onsa blog
ちゃたろうとゆきまま日記
はれのちうたた寝
&m  handmad...
キラキラのある日々
俺の心旅
花とフラと好きなことに囲...
元気ばばの青春日記 気持...
ネコノテ
小皿ひとさら
やさしい毎日
N's egg

最新のコメント

りぼっくさん♪ はじめ..
by minotake0530 at 14:09
nonさん、はじめまして..
by りぼっく at 06:38
amino-aidさん♪..
by minotake0530 at 14:13
みのたけさま、うちも、ウ..
by amino-aid at 04:59
mother-of-p..
by minotake0530 at 22:01

カテゴリ

全体
ごあいさつ
中古住宅
リノベーション 
インスペクション
資産価値
防犯 災害
ローン
おすすめ
台所
和室
照明
生活
お風呂
イベント
収納
坪庭
心遣い
少し贅沢
品々
感謝

子供
幸運
堅実
オリジナル
環境

タグ