人気ブログランキング | 話題のタグを見る

こぎん刺しのクリスマスツリー



長女の刺繍に刺激を受けて、
私もこぎん刺しへの情熱がフツフツと蘇ってきました。





実は、・・・
津軽こぎん刺しを習っていたのですが、
材料費が結構かかるし、
お教室での作品が大作すぎて、刺しても絶対飾らないと判断^^;

基礎だけ学んで、今は自分の好きなモノだけ刺しています。






例えば、こんなモノ。


こぎん刺しのクリスマスツリー_e0343145_17341272.jpg


残った布(コングレス)と刺繍糸で刺した、
クリスマスツリー。

一から全て揃えていたら、
在庫品がドンドン増えるばかりなので、
できる限り、今あるモノを使って手作りするようにしています。



私の手作りのルールは他にも♪
↓ ↓ ↓




クリスマスの手作り品は、色を合わせるだけで、
なんとなくクリスマス🎄

こぎん刺しのクリスマスツリー_e0343145_20475886.jpg


この8色で、なんとかなるものです。





材料が足りなければ、
こぎん刺しに適したコングレス。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【犬扇印ケンセン】刺しゅう布(こぎん布)コングレス
価格:235円(税込、送料別) (2020/11/24時点)






刺繍糸は、DMCのモノが刺しやすいです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

刺繍糸 【DMC25番 1束より販売】 Art.117#25
価格:99円(税込、送料別) (2020/11/24時点)






でもでも、どうしても手に取ってみたい時は、
東京・八重洲にある越前屋さんがおススメ。 越前屋HP






こんな自由気ままなこぎん刺しですが、
まずは、お家の在庫品のお片付けに、
クリスマスツリー作りいかがですか?

近々、図案書いてみますね♡




nonly


今日もお越しくださりありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回クリックしてくださると嬉しいです♪


人気ブログランキング



よろしければ、こちらもお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

            


トラックバックURL : https://minotakego.exblog.jp/tb/29274584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2020-11-25 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minotake0530 at 2020-11-25 15:25
鍵コメさん♪こんにちは(^^♪
いえいえ、わがままではないですよ。
無駄なく、楽しく、生き抜く知恵です♪
手作りって、ドンドンハマってしまって、いろんなものに挑戦したくなりますものね。
でも、そこで『持っているモノで、何か作れないか?』て、私は考えるようにしています。
大きな作品でなくてもいいと思うのです。
無理せず、できることを楽しみまょう♡

Commented by shimaka-info at 2020-11-25 19:23
こぎん刺し素敵ですよね~♪
お隣県の文化なので比較的馴染み深いのですが、
東北は有名無名あれども何処も刺繍文化があります。
それは元々が貧しい地域で考え抜いた知恵。
ボロ布の補強や寒い季節を越えるための布増し、繋ぎ合わせたハギレをそれなりに見せる為だったり、微妙な違いはあるでしょうが、裕福な地域ではないからこその実務的な(笑)技に遊び心を加えたもの。
今の時代だと意味合いは変わってきているでしょうが、本来は生きる為の知恵だと思うと尚のこと生活に採り入れたいと思いますよね♪

私も刺繍しようかな~。
Commented by minotake0530 at 2020-11-26 10:13
shimaka-infoさん♪
お返事が遅くなりました。m(__)m
こんなに美しく繊細な刺繍文化が、そもそも生き抜くために考え抜いた知恵だと思うと、その時代の人々の愛情の深さが伝わってきますね。
刺繍、なんとなーくチクチクしているだけで、慌ただしい日常がリセットされる気持ちになります。大きな作品でなくても楽しいですよ。
まずは、簡単な図案から参りましょう♪

日に日に、寒さが増してまいりました。
お身体大切に、お仕事頑張ってくださいね(#^^#)
by minotake0530 | 2020-11-24 22:00 | 身の丈手仕事・メンテナンス | Trackback | Comments(4)

東京で築60年の中古住宅を購入しました。身の丈の暮らしと中古住宅との付き合い方をお話しできればと思います。


by nonly
プロフィールを見る
更新通知を受け取る